サンシステム株式会社

営業時間:9:30~18:00 / サービス受付 / ~17:30
048-676-1771

事業紹介

夜中のおむつ替えをなくしました。介護される方も、不安なくぐっすりお休みになれます。

自動排泄処理装置 ロボレット

「ケアシステム」は介護する人、される人へ夜間介護のご苦労と不安をなくしました。

介護する人のお悩み

  • 排泄処理やおやつ交換が大変
  • 夜中に起される
  • ニオイやヨゴレが気になる
  • 自分の時間がなくなる
  • 精神的にツライ
  • 悪いと思うが面倒になる

介護される人のお悩み

  • 介護にする人に申し訳ない
  • 自分で排泄処理が出来ない
  • おむつ交換などシモの世話はかけたくない
  • 生きる自信が持てない
  • 排泄物のニオイなどが気になる
  • 頼み事が言いずらい
清潔 ▶ 快適 ▶ 乾燥 をベットに寝たままで全て自動で行います。
清潔快適

介護する方が直接排泄物に触れることなく処理できます。

密閉構造のため直接排泄物に触れずに処理でき、臭気もほとんどありません。おむつ交換の手間もなく、常に清潔なため感染症や皮膚病予防にもつながります。

負担軽減

時間的・精神的にも余裕を持って介護ができます。

排泄処理という負担の大きな介護から解放され、時間的にも精神的にも介護にゆとりが生まれます。また要介護者との摩擦も減り、介護が順調になります。

自立支援

要介護のレベルに応じて手動操作も可能です。

要介護者の自立を促すシステムのため、要介護のレベルに応じて手動操作も可能。自分で操作することで高齢者の自信を支え、自立支援をいたします。

迅速的確

自動感知センサーで、排泄の違いも瞬時に判断します。

画期的な自動センサーシステムが、排泄の瞬間を即座に感知。大便、小便の違いも瞬時に判断し的確な処理と洗浄を自動で行います。

ケアシステムのカップユニット(特許)と、既存製品との違い
ケアシステムのカップユニットは、紙オムツを使いません。それに比べて、既存製品のほとんどは特殊紙オムツを装着して使います。 紙オムツの装着に手間と時間がかかる上、毎月の紙オムツ代がかさみます。同じ自動排泄処理装置といっても、機能性においても、経済性においても、 ケアシステムは比類なき優れたメリットをたくさん有しています。
詳しい使用方法はコチラから
介護保険制度をご利用することにより、90%の補助が受けられ、ご本人負担は10%となります。
1. 介護保険申請は
レンタル会社(福祉用具レンタル会社)と契約し、契約書類の写しを各市町村役場福祉課に申請することで、月々の支払いの90%を補助金でまかなえます。
2. カップユニットの取替え
毎回使用する「カップユニット」は長期間使用する場合もありますが、1~2年を交換目安としてください。この場合、交換費用は補助金の対象内です。
3. ケアシステム用マット
マットはオプションですが、こちらも介護保険の補助対象となる消耗品です。

チェック

  • 平成27年8月1日以降、一定以上の所得のある方はサービスを利用した時の負担割合が2割になります。
  • 2割負担になるのは65歳以上の方で、合計所得金額が160万円以上の方です(単身で年金収入のみの場合、年収280万円以上)
  • 「合計所得金額」とは、収入から公的年金等控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除や人的控除等の控除をする前の所得金額をいいます。
本体使用
定格電圧
AC 100V
定格周波数
50/60Hz
消費電力最大
1300W
給水タンク容量
4ℓ(リットル)
汚物タンク容量
5ℓ(リットル)
本体寸法
奥行:665mm、幅:20mm、高さ:496mm
本体重量
約19kg
電源コード長さ
5m(脱着タイプ)